HOME > 臭い低減装置

臭い低減装置

ディーゼル刺激臭は、「モコビーDOC」で解消!

概要

電力のピークカットや電力不足対策として可搬式ディーゼル発電機が様々なところで稼動しています。発電機は建設機械や自動車のように移動しないため、ディーゼルエンジン特有の排気ガスの臭いが周辺に漂い、工場内や民家に近いところや、何台も一斉に稼動しているところでは問題が出るケースが多くなっています。

臭い低減装置「モコビーDOC」は、自動車で十分実績のある酸化触媒を改造したもので、HC、CO、PMの他にホルムアルデヒド、アセトアルデヒドなどの臭い成分を低減することができます。
図のように100℃近辺の低温域ではほとんど効果がありませんが、250~300℃になると浄化率が高くなります。待機時間の多い建設機械などでは稼動中以外は余り効果が期待できませんが、発電機など50%負荷以上で運転される場合は、臭い対策として非常に効果的です。
ディーゼルエンジンの臭いでお困りの場合は、是非「モコビーDOC」をご活用ください。

酸化触媒の浄化特性の一覧

このページのトップへ戻る

特長

  • 1. 非常にコンパクトでどのような建機や発電機にも取付可能
  • 2. 取付工事は短時間で終了
  • 3. PMを30%以上低減、臭い成分をかなり低減可能
  • 4. 後段にDPFを接続すれば、臭いと同時に黒煙を99.7%以上低減

注意事項

エンジン排気温度が低い場合は、できるだけエンジンに近い位置に設置してください。
排気温度が低い場合は、十分性能が発揮できない場合があります。

注意事項

小型発電機への取付例 大型発電機への取付例

※詳細は、下記カタログでご確認ください

酸化触媒「モコビーDOC」のご紹介

このページのトップへ戻る